KIWI@HOMEの英会話レッスン

生徒さま主導型レッスン+スピーキング訓練法

日本人が陥りがちな、「聞く」「読む」のみに重点を置く言語学習の大きな壁を打ち砕くのが、KIWI@HOMEの学習法です。

KIWI@HOMEは、「聞く」「話す」をセットで、「読む」「書く」をセットで、4つの技能をバランスよく指導します。学習者の今すぐ解決したいという部分から順にレッスンを進めることが可能です。指導法は講師にお任せください。

 

1.聞く、話すを同時に叩き込むことにより、相互のやりとりを養うスピーキング訓練法

 

英語レッスン中:KIWI@HOME独自のスピーキング訓練により、自分が話したい会話文を瞬時に作り、話し相手に返す、それを何度も繰り返し発話し、聞くことにより、そのフレーズ(正しい発音、正しい文構成)が、口の筋肉と耳の感性で同時に身に付きます。

英語レッスン外:できるだけ多くのネイティヴスピーカーと会話(やりとり)し、聴覚の柔軟性を身に着けていきます。レッスン中の基本のフレーズが定着すると、実践でネイティヴスピーカーの会話も少しずつ聞こえるようになり、リスニング能力がアップします。

ここがポイント:ただ、音声を聞き続けるだけではリスニングレベルアップは困難で、学習者がその単語や文章をネイティヴスピーカーらしく使って話せるということがキーポイントになります。

 

2.読む、書くを、最初は、ダイアリー書きから始め、やがては英文でのリサーチ&エッセイへと、学習者のペースに合わせてそのノウハウを指導します。

 

英語レッスン中:学習者が記したダイアリーやエッセイ、語句ノートの例文の添削から、必要な文法解説を行います。文章構成や流れはあくまでネイティヴスピーカーが普通に使う表現を学びます。英語人のフレーズのニュアンスをしっかり理解して、即レッスン後使える、というのを徹底指導します。

英語レッスン外:毎日頭の中に浮かぶ事柄を即、英文でA4サイズ1ページに書き表します。調べた新単語やフレーズは、語句ノートにカテゴリー分けし、学習者自身が忘れにくい(インパクトがある印象付けになる)例文を付けます。前のレッスンで提出し添削されて返ってきたダイアリーやエッセイ、語句ノートの例文は、必ずチェックし、付箋などの印を付け間違いやすい部分を把握し、不明な点は次のレッスンで質問をするため、質問リストを作ります。

ここがポイント:学習者が伝えたい気持ちやニュアンスを正しく伝えるためには、まず、語句、文法を正しく使う必要があります。つまり、正しく添削(修正)され、適切な解説、つまり指導がなければなりません。自己満足の英文ではネイティヴスピーカーに通用しないということです。

 

 

ここが違う!!海外生活を活かした指導法

わざわざ留学しているのに、日本にいるのと同じ学習法をしていませんか。KIWI@HOMEでは、英語に囲まれた生活を活かしたレッスンプログラムをご提供します。習って→行動の順番ではなく、行動して→習うが海外における英語学習のもっとも早道で効果的、そして安い方法なのです。日本に居ながらの英語学習をご希望の場合は、スカイプを通して受講が可能です。その場合は、生徒さまご自身で英語環境を整える必要があります。

毎日の自主勉はとてもシンプルな日記つけから始まります。なんだ、日記か、と思いますか?実は、自分が思っていることを英語文に書き表すって簡単そうで、意外と難しい作業です。はじめは大変に思いますが弊社の学習者が上達している秘訣がこの単純作業の継続です。

 

日本国内で英語学習に熱心だった方の多くが、頭の中の引き出しに英単語や表現をつめこみ、いざ使おうと海外に来て思っていたより英会話
が使えないとい例
はよくあることです。頭の中の引き出しに一旦入れてしまい、即使わないと詰め込めば詰め込むほど、さっさと引き出しからだせなかったりするものです。ここは英語の国、引き出しにしまい込む前に使っちゃいましょう。使うと忘れにくく、それを何度も使うことにより引き出し自体必要なくなります。

 

あなたのオリジナルプランをご提案

KIWI@HOMEの英会話レッスンは、それぞれの学習者のレベルによらず、しっかりと目標を持っている方に向いています。例えば、ビギナーの方でも、基本の英語文法や発音から丁寧に指導いたしますので、最終目標があればその方に応じたオリジナルレッスンをプランすることが可能です。 

KIWI@HOME英語学習向きの方はこんなタイプ

◎資格取得のため、英語検定試験に向けての具体的な目標がある方

◎海外に移住するために必要なビザ申請のための、英語資格取得のために学習される方

◎日本の大学進学や就職のための、英語検定取得の目標がある方

◎上記のような目標がクリアーな方で、英語学習に努力を惜しまないで必ず成就するという意欲が強い方

 

英語レッスンのみに頼らない、要領の良い留学生活をご提案

海外滞在中、あなたは本当に「英語漬け」の生活を送れていますか?日本を出発するときの思い描いていた海外生活と実際渡航してからの生活にギャップはありませんか?1日、又は1週間の内、何パーセントの割合でネイティヴ・スピーカーと関わっていますか?ホームステイなら夕食時ぐらいしか接していないのでは?せっかく、英語の国にいるのですから、英語レッスン時間をできるだけ減らし、実践英語練習を現地の人と関わって無料でやってみましょう。

 

英語のコミュニケーションに必要な3つのポイント

  • 相互のやりとり  つまり、ネイティヴスピーカーとのナチュラルなやりとりです。会話はキャッチボール、一方的な話でストップしないよう、やりとりが何度も続けられるような指導をいたします。
  • 説明の追及    必ずしも日本語にピッタリの英語がパーフェクトに存在するわけではありません。また、もしもとっさの単語がでてこない場合、日本語に頼らず噛み砕いた英語の表現で相手に伝える力を指導いたします。
  • 気持ちの表現   気持ちの表現って後回しになりがちです。本来ならば、一番最初に習う必要があるのが気持ちの表現です。配慮する気持ちや、思いやり、心配や、申し訳ない気持ちを表すことでコミュニケーションがぐっと深いものになります。

 

 

他の語学学校プライベートレッスンとの料金比較(1年間)

 

語学学校フルタイム、プライベートレッスンの場合との1年間概算見積り比較のめやすです。

NZ語学学校プライベートレッスン
週20時間平均

$1,200 x 50週 = $60,000/4,800,000円

 

KIWI@HOMEプラン

週10時間 $350 x 初回4週+ $300 x 次の8週 +$180 x 残38週  合計$10,640/851,200円

  • すべてプライベートレッスンの場合の比較です。
  • KIWI@HOMEのプランは、生徒様との間のカウンセリングの下にその上達具合によって週のレッスン時間数を調整しながら進めていくことが可能ですので、上記の見積もりはあくまで例の一つです。

  • KIWI@HOMEの英会話レッスン料金レートは、初回40時間一括払いのみ$35/時間で、次回更新後は$30/時間と割引になります。割引特典あり

  • NZ$=80円として計算しています。

     

    料金ページへ

  お問い合わせから英語レッスンまで、プロセスがシンプル

KIWI@HOMEの英語レッスンは、お問い合わせいただいてからレッスン開始までのプロセスがとてもシンプルです。しかしながら、お申し込みまでは弊社のレッスン内容や学習方法について担当者としっかりお話合いを重ね、ご理解いただいた上でお申し込み、お支払いをしていただくようお願いいたします。

 


 

ワーキングホリデー生 Mikaさんのステイ in クライストチャーチ

 

Mika の体験記ページへ

 

 

是が非でも英語を習得したい方のための「英語漬け」の日課

KIWI@HOMEのプライベートレッスンが破格のレッスンレートで生徒さまの英語上達をさせる理由、それは生徒さまの「行動」を促し、留学生活ならではの無料で英語人とふれあう時間を増やしその経験から、英語の質問をレッスンに持ってくることです。英語の質問集めをすることを、「Gathering」と呼びます。つまり、無駄を一切省き、レッスンも生徒さまが即必要な授業から優先的に進めていきます。プライベートレッスンなので、他の生徒さまの発言を待っている時間がゼロで、講師と生徒さまの直球ボールが飛び交う要領の良いスタイルです。
  

日記添削例

 

基礎英語から、英語試験IELTSへの道のり

KIWI@HOMEの英語学習は、基礎英語から英語試験への道のりがより短いのが特徴です。理由は、次の3つからです。発音矯正からナチュラル英語表現まで、ネイティヴ・スピーカー英語をベースにカリキュラムが組まれており、日本の学校で学んだ勘違いの英語表現や和製英語などをキレイに修正していくことからはじめます。 最初の3ヶ月から5ヶ月で済ませたいのが、気持ちの表現、やりとり、そして物事を説明する、描写の英語を身につけることです。 個人にはレベルの差はあれど、よりネイティヴに近く、心の通ったコミュニケーションが次第にできたところで、英語試験対策に移っていきます。ベーシックな本物の英語、「聞く」「話す」「読む」「書く」がバランスよくできているので、新聞記事や雑誌、本を利用した日常にあふれているごく自然な英語をより速く/早くマスターし、英語試験に対応できる能力を楽しみながら身に着けていくことができます。

IELTS試験ページへ